2021.01.07NAS+326.62021.01.07NY+211.7







1.71.61.6







米国市場は夫々上昇。
三指数が揃って過去最高値を更新。
ダウは空前の3万1千円、ナスダックは1万千ポイントの大台に乗せている。
米大統領就任式までの間隙を縫って地政学的リスクどころか、米本国議事堂の騒乱劇という前代未聞の事態に。
トランプ大統領が暴徒を扇動したとしてペロシ下院議長は大統領の罷免を求め、受け入れない場合は弾劾すると明言。
まさに晩節を大きく汚した格好だが、波乱どころか、一気にアク抜け世界同時株高の展開に。
2021.01.082021.01.08上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 28,139.03(+648.90)
始値 27,720.14
高値 28,139.03
安値 27,667.75
出来高 8億4871万株

日経225先物 終値 28,140(+700)
始値 27,640
高値 28,170
安値 27,640
出来高 57,903枚

日経平均
































1.8日経平均は続急伸し、指数は大台替わりに加えて高値引け。
連日で1990年8月以来、約30年5ヵ月ぶりの場中高値を更新し、遂に2万8千円台を大幅に上抜けて取引を終了。
東証ドル建て日経平均は1989年12月の過去最高値270.82ドルを更新している。
先物は200円GUから戻り売りも限定的で、更に棒上げ商状から上げ幅を急速に拡大。
午後騰勢がやや一服する場面もあったが、引け前には再び騰勢を強めて引けにかけて一段高。
一時高値28,170円をつけながらほぼ高値引けで終えている。

日本では皮肉にも一都三県における緊急事態宣言再発出初日にもかかわらず、終日堅調。
大幅二空から怒涛の大台替わりは天晴れ。
朝方の見事な上げっぷりに溜飲が下がる思いに。
あっさり踏まれるが、下手ながら何とか及第点といったところ。
更なる踏み上げ効果に期待したが、ほどほどにして退散。

本日の損益
デイ +110円(5枚)
ナイト +80円(5枚)

現在の資金
926,270,000円 (+950,000円)※手数料考慮せず