2021.01.04NY-382.52021.01.04NAS-189.8







年始の米国市場は3日ぶりに急反落。
上院のジョージア州決選投票を前に年始の米株は3日ぶりに下げ、ダウは一時700ドル超の突っ込み安も下げ幅を縮小。

2021.01.052021.01.05上海





日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値 27,158.63(-99.75)
始値 27,151.38
高値 27,279.78
安値 27,073.46
出来高 5億5001万株

日経225先物 終値 27,070(-250)
始値 27,090
高値 27,250
安値 27,050
出来高 36,852枚

日経平均










1.5日経平均は3日続落。
先物は230円GDで始まり、序盤は買戻しが先行。
一時高値27,250円まで下げ幅を縮小する場面もあったが、上海が始まると失速。
それでも朝方こそ戻り売りは限定的だったが、後場が始まると再び売り直されいってこいの展開に。
朝方の安値を更新すると一時安値27,050円まで突っ込みながらほぼ安値引けで終えている。
終日売りスタンスだったが、短期回転が奏功。
米上院決選投票で2議席とも民主党が獲得すれば、副大統領候補ハリス氏を含めて事実上過半数へ。
トリプルブルーとなれば大規模な経済対策が期待できる、他方で金融バブル崩壊懸念も。
20日のバイデン次期大統領就任までにどさくさに紛れた地政学的リスクもくすぶっており、まさに干天の慈雨なのか、嵐の前の静寂なのか、手薬煉引いてチャンスを待ちたいところだが、はてさて。

本日の損益
デイ +80円(5枚)

現在の資金
924,770,000円 (+400,000円)※手数料考慮せず