日経Walker

日経225のデイトレード備忘録。戦略通り粛々と。
下手ながらも何とか9億円に到達。やれやれ。

2015年04月

2014.04.27NY-42.172014.04.27NAS-31.84






米国市場は反落。
ナスダック指数は一時5,119Pと、24日の最高値5,092Pを上回り、2000年3月10日取引時間中の史上最高値5,132に迫る場面も。

2015.04.282015.04.28上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     20,058.95(+75.63)
始値 20,068.65
高値 20,133.78
安値 20,031.71
出来高 20億8756万株

日経225先物 終値   20,040(+40)
始値 20,100
高値 20,150
安値 20,040
出来高 34,542枚

4.28日経平均は続伸。
先物は100円GUで始まり序盤こそ買いが先行するが、高値20,150円で頭打ち。
中盤は徐々に上げ幅を縮小。午後には下値を試す動きも見られ結局安値引けで終えている。
連休前であることや日銀の金融政策決定会合、米FOMCを控えで出来高も低調。
4月アノマリーとセルインメイの格言が今年は当てはまらないが、イベント次第といったところか。

現在安倍総理が訪米中ということもあってかマーケットは閑散そのもの。
年金買いも自重気味に見える。

思えば昨年の丁度今頃にはオバマ大統領が訪日
銀座すきやばし次郎での寿司会談で話題を呼んだのは記憶に新しい。

2015.4.27 安倍総理 ハーバード大学2015.4.27 安倍総理とオバマ大統領 リンカーン記念館自由主義世界のリーダーの2トップが相まみえると決まって逸話が誕生するものだが、今回もハーバード大での講演やリンカーン記念館へのサプライズ訪問など話題に事欠かない。
日米関係は日本に傑出したリーダーが登場し長期政権になると2トップで親交を深めドラスティックに問題を解決してきた。貿易摩擦、安全保障問題なども乗り越え関係を改善してきたのはそういったリーダー達である。
特に共和党相手の場合、株価や景気も上向くおまけ付きという傾向にあった。
ただし、そのすべてにおいて米国に傾倒する形であり、その功罪は別に置くとしても少なくとも人を惹きつけるリーダーの存在は大きく、閉塞感からは解放された。外交は株式相場の転換にとって一種のアノマリーともいえる。

中曽根・レーガン2006年6月 小泉元総理 エルビス・プレスリー記念館

中曽根元首相とレーガン元大統領の「ロンヤス」関係、最近では小泉元首相とブッシュJr元大統領の関係が印象的。
小泉元総理がエルビス・プレスリー記念館で踊っていたが、そこまでするかという蜜月ぶりをアピールしていた。

共和党とは馬が合うが民主党はクリントン時代の例もあり、株価の面ではあまり期待できなかった日米関係。
少なくとも安倍総理の外交パフォーマンスは一昨年の"Buy My Abenomics!"ですでに定評があり、今回の訪米でも外交力を遺憾なく発揮してくれることを期待したい。
今晩安倍総理はホワイトハウスで公式夕食会に招待されており、翌日には米議会での演説を控えている。

終日ほぼ手控え。
風が吹くまで手薬煉引きながら待ちたいところ。
日銀のサプライズでもあれば参戦したいが、この連休は静かに過ごしたいと思う今日この頃。

よいGWを。

本日の損益
デイ ----------------
寄り引け  売り +60円(1枚)

現在の資金
482,140,000円 (+60,000円)※手数料考慮せず

2014.04.24NY+21.452014.04.24NAS+36.02






米国市場は続伸。
ナスダックは連日の過去最高値更新。
日本は年金と日銀による官製相場だが、米国は自社株買いで押し上げられ堅調。

2015.04.252015.04.27上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,983.32(-36.72)
始値 20,063.80
高値 20,069.24
安値 19,909.86
出来高 18億7004万株

日経225先物 終値   20,000(-50)
始値 20,080
高値 20,090
安値 19,920
出来高 37,314枚

4.27日経平均は小反落。
指数は大台割れで足踏みが続いている。
先物は辛うじて2万円を維持。
30円GUで始まるが寄り天から棒下げ商状。
一時安値19,920円まで突っ込む場面もあったが、すぐさま切り返し保ち合いの展開に。
2万円を挟んで一進一退の末、結局2万丁度で引けている。

明日の米Appleの決算発表と今晩からのFOMCを控え上にも下にも仕掛けにくい日が続く。
今週は重要イベント目白押しで日本市場で安心して上値追いできるかはApple決算と月末の金融政策でのサプライズにかかっている。
今年はカレンダーの都合上、リスク回避の動きの反動がGW明け後に一気に噴き出す可能性もあり、万全の戦略で手薬煉引いて臨みたいところ。

本日の損益
デイ +50円(5枚)
寄り引け  買い -80円(1枚)
ナイト +60円(5枚)

現在の資金
482,080,000円 (+470,000円)※手数料考慮せず

2014.04.23NY+20.422014.04.23NAS+20.89






米国市場は小幅に続伸。
ナスダックは遂に2000年3月10日の5,048.62を上回り史上最高値を更新した。
3月20日に5,000Pを回復していたが最高値目前で失速。それから1ヵ月以上要してようやく踏破。

2015.04.242015.04.24上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     20,020.04(-167.61)
始値 20,142.47
高値 20,142.47
安値 20,013.74
出来高 21億3939万株

日経225先物 終値   20,050(-120)
始値 20,140
高値 20,160
安値 20,020
出来高 41,440枚

4.24日経平均は4日ぶりの反落ながら2万円の大台は維持している。
先物は30円GDで始まり序盤から売りが先行。
中盤切り返す場面もあったが、戻しきれずに失速。
結局本日の安値圏で引けている。

今週は上海が7年2ヵ月ぶりの高値をつけており、日米中と株高が一気に進行。
欧州はギリシャ問題が燻っているが何とか日米の記録ラッシュは続いている。
30日に控える日銀の金融政策決定会合も追加緩和を織り込むかのような直近の銀行株の動きを見るにつけ、失望売りありやなしや。
例年連休の谷間は高く、一昨年の2013年はあの黒田バズーカ砲が炸裂したのも記憶に新しい。
アノマリー通りボラタイルな展開に期待したいと思う今日この頃。

本日の損益
デイ -30円(5枚)
寄り引け  買い -90円(1枚)
ナイト +30円(5枚)

現在の資金
481,610,000円 (-90,000円)※手数料考慮せず

2014.04.23NY+20.422014.04.23NAS+20.89






米国市場は夫々上昇。
ナスダックが3月20日につけた高値も上回り史上最高値に最接近。

2015.04.232015.04.23上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     20,187.65(+53.75)
始値 20,227.28
高値 20,252.12
安値 20,116.19
出来高 27億5047万株

日経225先物 終値   20,170(+10)
始値 20,240
高値 20,280
安値 20,140
出来高 43,019枚

4.23日経平均は3日続伸。
序盤は戻り売りが先行するが、間もなく下げ渋り中盤はヨコヨコで三角保ち合いの様相に。
上海後場に若干乱高下したものの、結局本日の安値圏で終えている。

米国も主要企業の決算が相つぐ為か、手控えムードが続く。
あまり動きもなく終日ほぼ手控え。
GW前の換金売りも限定的。手薬煉引いてチャンスを待ちたい、

本日の損益
デイ -30円(5枚)
寄り引け  買い -70円(1枚)

現在の資金
481,720,000円 (-220,000円)※手数料考慮せず

2014.04.21NY-85.342014.04.21NAS+19.50






米国市場はまちまち。


2015.04.222015.04.22上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     20,138.90(+224.81)
始値 19,999.84
高値 20,144.66
安値 19,983.00
出来高 27億9542万株

日経225先物 終値   20,160(+190)
始値 20,020
高値 20,170
安値 20,000
出来高 55,052枚

4.22日経平均は2日続伸。
終値ベースで遂に2万円の大台を回復。
2000年4月14以来となる。
ITバブル時の最高値はその2日前にあたる2000年4月12日の20,833.21円。
いよいよ15年ぶりにITバブル時の高値更新が視野に。
先物は50円GUで始まり4月10日以来となる2万円乗せ。
2年9ヵ月ぶりに黒字転換した朝方の貿易統計とともに明るいスタートだった。
10日は寄り付き直後10分だけしか維持できなかったが、本日は終始堅調に推移。
間もなく上げ幅を急速に拡大し一段高。
一時高値20,170円まで達すると中盤は伸び悩む場面もあったが、引けにかけて盛り返し午前の高値に顔合わせ。
結局ほぼ高値引けで取引を終了。

少し前までは年金買いが主役だったが、今は外資も参戦か。
終日買いスタンスだったが、ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ +50円(5枚)
寄り引け  買い +140円(1枚)

現在の資金
481,940,000円 (+390,000円)※手数料考慮せず

2014.04.20NY+208.632014.04.20NAS+62.79






米国市場は反発。

2015.04.212015.04.21上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,909.09(+274.60)
始値 19,731.57
高値 19,909.09
安値 19,678.22
出来高 22億9819万株

日経225先物 終値   19,970(+370)
始値 19,740
高値 19,970
安値 19,690
出来高 48,768枚

4.21日経平均は続落。
先物は140円GUで始まり序盤の30分程は戻り売りが先行するが、その後は堅調に推移。
断続的に上げ幅を拡大し、引けにかけて一段高。
2万円の大台に迫る19,970円をつけ高値引けで終えている。

米株先も上げ幅拡大。
終日買いスタンスが奏功。

本日の損益
デイ +150円(5枚)
寄り引け  買い +230円(1枚)

現在の資金
481,550,000円 (+980,000円)※手数料考慮せず

2014.04.17NY-279.472014.04.17NAS-75.98






米国市場は大幅続落。
3桁の調整は先月末以来。

2015.04.202015.04.20上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,634.49(-18.39)
始値 19,501.00
高値 19,725.86
安値 19,474.23
出来高 20億8443万株

日経225先物 終値   19,600(-90)
始値 19,540
高値 19,740
安値 19,500
出来高 45,797枚

4.20日経平均は続落。
先物は150円GDで始まり間もなく下げ幅を急速に縮小。
午後には一段高し一時プラスに転じるも高値19,740円をつけてからは失速。
引けにかけては伸び悩み、戻り幅の大半を帳消しにして引けている。

李克強首相周小川総裁.jpg寄り付きや場中の玉裁きは戦略通り、上海後場の売りも奏功した。
市場センチメントがまだはっきりあらわれていない相場で出来高不足と上値の重さには辟易。
それでも中国市場はまだ底堅い。
先週末の空売り規制緩和で中国株先物が動意づいたが緊急声明と預金準備率引き下げ報道で落ち着いている。
いつか起こるといわれていても中国発の危機は結局まだ起こっていない。
ギリシャのごたごたは毎度のことで長期化は避けられず3年前から恒例の行事と化しているが先物には関係ない。
デイトレーダーにとっては垂涎の値動きながら何とか及第点といったところか。

本日の損益
デイ +100円(5枚)
寄り引け  買い +60円(1枚)

現在の資金
480,570,000円 (+560,000円)※手数料考慮せず

2014.04.16NY-6.842014.04.16NAS-3.23






米国市場は反落。

2015.04.172015.04.17上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,652.88(-232.89)
始値 19,810.40
高値 19,815.25
安値 19,638.37
出来高 26億8328万株

日経225先物 終値   19,690(-190)
始値 19,820
高値 19,840
安値 19,650
出来高 49,514枚

4.17日経平均は反落。
先物は60円GDで始まり、序盤は小安く方向感乏しい展開だったが、昼前から一段落。
上海の後場前には一時安値19650円まで突っ込む場面もあり、そのまま本日の安値圏で引けている。

丁度良く裁定解消売りが重なったと思われるが、来週からはいよいよ本格的に決算シーズン。
G20もスルーしアノマリーを忘れるかのような異様な底堅さに辟易していたところにこの3桁の下げ。
約半月ぶりのまさに干天の慈雨といったところ。

ブルームバーグシステム障害ナイトの直前にブルームバーグで障害発生。
復旧後しばらくすると欧州市場から急落。
ある意味有事の売りの如し。
流れに逆らわず終日売りスタンスが奏功した。



本日の損益
デイ +30円(5枚)
寄り引け  売り +130円(1枚)
ナイト +60円(5枚)

現在の資金
480,010,000円 (+580,000円)※手数料考慮せず

2014.04.15NY+75.912014.04.15NAS+33.73






米国市場は夫々上昇。
ナスダックが3月23日以来に5000を回復。

2015.04.162015.04.16上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,885.77(+16.01)
始値 19,862.48
高値 19,894.35
安値 19,742.12
出来高 25億4007万株

日経225先物 終値   19,880(+10)
始値 19,870
高値 19,910
安値 19,760
出来高 40,941枚

4.16日経平均は小幅に続伸。
先物は変わらずで始まり、序盤こそ上値を試す動きがあったものの間もなく失速。
一時安値19,760円まで突っ込み連日のレンジを少し崩したが、午後には下げ渋り、引けにかけて急速に下げ幅を縮小。
引け間際に朝方の高値と顔合わせするが、やはり抜けきれず、結局いってこいで取引を終了。

売りきずしに期待したが異様な底堅さにあえなく退散。
やれやれ。

本日の損益
デイ +30円(5枚)
寄り引け  買い +10円(1枚)

現在の資金
479,430,000円 (+160,000円)※手数料考慮せず

2014.04.14NY+59.662014.04.14NAS-10.96






米国市場はまちまち。

2015.04.152015.04.15上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,869.76(-38.92)
始値 19,838.53
高値 19,913.42
安値 19,823.86
出来高 19億5281万株

日経225先物 終値   19,870(-40)
始値 19,850
高値 19,940
安値 19,840
出来高 31,487枚

4.15日経平均は小反落。
先物は60円GDで始まり、序盤から膠着。
中盤プラスに転じる場面もあったが、昨日高値で頭打ち。
安値も同じで結局レンジ相場で引けている。

三本値ともに前日と変わらずなのは珍しい。
出来高も低調で3万枚。
終日ほぼ手控え。

本日の損益
デイ ±0円(5枚)
寄り引け  売り -20円(1枚)

現在の資金
479,270,000円 (-20,000円)※手数料考慮せず

2014.04.13NY-80.612014.04.13NAS-7.73






米国市場は反落。

2015.04.142015.04.14上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,908.68(+3.22)
始値 19,828.65
高値 19,922.50
安値 19,828.65
出来高 17億3332万株

日経225先物 終値   19,910(-20)
始値 19,850
高値 19,940
安値 19,840
出来高 24,196枚

4.14日経平均は指数が小反発。
先物は直近のサポートであった19,840円をわずかに上回って寄り付き、ほぼ寄り底から急速に下げ幅を縮小。
棒上げ商状であっさり鞘寄せするが、間もなく失速。
中盤は小幅安圏内で狭いレンジで小動きの展開に。
結局上値は限定的なまま取引を終了。

上海市場は7年ぶりの高値と強いが、日本は2万円を前に足踏みが続いている。
買い上がりの強さなく、抜けきれず。
出来高は低調で2万枚。
終日手控えだった。

本日の損益
デイ ----------
寄り引け  売り -60円(1枚)

現在の資金
479,290,000円 (-60,000円)※手数料考慮せず

2014.04.10NY+98.922014.04.10NAS+21.41






米国市場は続伸。

2015.04.132015.04.13上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,905.46(-2.17)
始値 19,967.38
高値 19,975.66
安値 19,825.69
出来高 17億0247万株

日経225先物 終値   19,930(-40)
始値 19,990
高値 20,000
安値 19,840
出来高 43,681枚

4.13日経平均は小幅に続落。
機械受注がネガティブだったが、先物は小高く始まり間もなく棒下げ商状。
昨日と同様に9日の安値19,840円がサポートとなっており、そこまで突っ込んだ後は自律反発。
公的資金の買いもあってか引けにかけて下げ幅を縮小。
分かりやすい動きだが、なかなかどうして意気地がない動きでもある。
底入れ先高機運はあるものの本日も20,000円にタッチしただけで終了。
終日買いスタンスだったが、あっさり振り落とされ早々に退散。
やれやれ。

本日の損益
デイ -20円(5枚)
寄り引け  買い -60円(1枚)

現在の資金
479,330,000円 (-160,000円)※手数料考慮せず

2014.04.09NY+56.222014.04.09NAS+23.74






米国市場は続伸。

2015.04.102015.04.10上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,907.63(-30.09)
始値 19,989.55
高値 20,006.00
安値 19,845.31
出来高 20億4579万株

日経225先物 終値   19,970(+50)
始値 20,030
高値 20,030
安値 19,850
出来高 65,712枚

4.10 取引時間中高値で15年ぶりに2万円回復4.10日経平均は指数が小反落。
先物は続伸。
昨日のナイトセッションの引け間際に20,000円に達しており、CMEでは円ベースで20,085円をつけていた。
寄り付きも大台を超える20,030でスタートするが寄り天から上げ幅を縮小する展開に。
一時安値19,850円まで突っ込むが、昨日安値まであと一文で踏みとどまり、午後は急速に下げ渋った。
結局終値では2万の大台には届かなかったものの、本日の高値圏を維持したまま引けている。

終日ほぼ手控え。
とりあえずは達成感から一旦売り崩しに期待し売りがかなり伸びていたが、あっさり戻され画塀に失す。
やれやれ。

本日の損益
デイ ±0円(5枚)
寄り引け  売り +60円(1枚)

現在の資金
479,490,000円 (+60,000円)※手数料考慮せず

2014.04.08NY+27.092014.04.08NAS+40.59






米国市場は反発。

2015.04.082015.04.08上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,937.72(+147.91)
始値 19,851.12
高値 19,957.32
安値 19,822.49
出来高 19億8784万株

日経225先物 終値   19,920(+100)
始値 19,860
高値 19,980
安値 19,840
出来高 45,807枚

4.9日経平均は3日続伸。
先物は40円GUで始まり、間もなく上げ幅を急速に拡大。
午後には一時高値19,980円と大台の2万円まであと二文まで接近する場面もあったが、引けにかけては伸び悩んだ。
それでもこの15年間では空前の高値圏を維持して終了。

指数は終値ベースであと63円。
日経平均はいよいよ2万円突破か。
終日買いスタンスが奏功した。

本日の損益
デイ +70円(5枚)
寄り引け  買い +60円(1枚)

現在の資金
479,430,000円 (+410,000円)※手数料考慮せず

2014.04.07NY-5.432014.04.07NAS-7.08






米国市場は反落。

2015.04.082015.04.08上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,789.81(+149.27)
始値 19,729.70
高値 19,845.53
安値 19,693.63
出来高 22億9108万株

日経225先物 終値   19,820(+140)
始値 19,760
高値 19,870
安値 19,710
出来高 56,538枚

4.8日経平均は2日続伸。
先物は80円GUで始まり、3月24日のナイトセッションでつけた19,730円の取引時間中の高値も更新。
15年ぶりの高値をつけてスタートした。
序盤は小動きながら戻り売りが先行しジリ安の展開に。
鞘寄せもあっさり一巡し中盤から下げ渋ると午後には日銀金融政策決定会合の結果を意識してか上昇に転じた。
発表後は一段高し、一時高値19,870円をつけるなど、3月24日のナイトセッションでつけた19730円の取引時間中の高値も更新。
2000年4月14日以来、約15年ぶりの高値水準に到達。
引け間際に伸び悩んだものの、結局本日の高値圏で終えている。

終日ほぼ手控えだった。

本日の損益
デイ +30円(5枚)
寄り引け  売り -60円(1枚)

現在の資金
479,020,000円 (+90,000円)※手数料考慮せず

2014.04.06NY+117.612014.04.06NAS+30.38






米国市場は続伸。

2015.04.072015.04.07上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,640.54(+242.56)
始値 19,539.03
高値 19,667.48
安値 19,501.31
出来高 20億9545万株

日経225先物 終値   19,680(+290)
始値 19,550
高値 19,690
安値 19,510
出来高 64,385枚

4.7日経平均は大幅反発。
雇用統計を早々に織り込み、終わってみれば米株先も大幅高。
先物は160円GUで始まり、序盤は方向感乏しく小動きが続いていたが、午後にかけて一段高。
一時高値19,690円をつけた後、終盤は伸び悩む場面もあったが、結局ほぼ高値引けで取引を終了。

終日買いスタンスだったが、あっさり振り落とされて早々に退散。

本日の損益
デイ +40円(5枚)
寄り引け  売り -130円(1枚)

現在の資金
478,930,000円 (+70,000円)※手数料考慮せず

週末の米国市場はグッドフライデーの祝日で休場。

2015.04.062015.04.06上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,397.98(-37.10)
始値 19,295.03
高値 19,424.09
安値 19,241.29
出来高 15億9240万株

日経225先物 終値   19,390(-90)
始値 19,300
高値 19,450
安値 19,250
出来高 41,036枚

4.6日経平均は小反落。
先物は180円GDで始まるが間もなく急速に縮小。
やはり週末の雇用統計ショックも欧米がイースターで休場ながら寄り付きから織り込みに行っている。
ただ序盤こそ棒上げ商状だったが、中盤は失速し、19,400円台を挟んでヨコヨコの展開に。
結局プラス圏には及ばず小幅安水準で引けている。

プレイヤーもおらず終日手控えだった。

本日の損益
デイ ---------
寄り引け  売り -90円(1枚)

現在の資金
478,860,000円 (-90,000円)※手数料考慮せず

2014.04.02NY+65.062014.04.02NAS+6.71






米国市場は反発。

2015.04.032015.04.03上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,435.08(+122.29)
始値 19,289.04
高値 19,435.08
安値 19,289.04
出来高 17億1351万株

日経225先物 終値   19,480(+130)
始値 19,330
高値 19,480
安値 19,320
出来高 43,591枚

4.3日経平均は続伸。
先物は小幅に安く始まるが、間もなく寄り付き直後から棒上げ商状。
100円程上昇した後、失速。
中盤は伸び悩んだものの、引けにかけては一段高。
朝方の高値を抜け結局引けピンの高値引けで取引を終了。

終日買いスタンスが奏功した。
好需給、先高感の好循環で手がけやすい相場が続いているが、本日の出来高はイベント待ちもあって久しぶりに低調。
ナイトでは米雇用統計発表後に下振れしているが、米国市場はグッドフライデーで休場の為、反応は限定的。
来週織り込みにいくだろうが、また先週のようなボラタイルな相場に期待したい。

本日の損益
デイ +70円(5枚)
寄り引け  買い +150円(1枚)
ナイト +50円(5枚)

現在の資金
478,950,000円 (+7500,000円)※手数料考慮せず

2014.04.01NY-77.742014.04.01NAS-20.66






米国市場は続落。

2015.04.022015.04.02上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,312.79(+277.95)
始値 19,141.93
高値 19,433.89
安値 19,115.14
出来高 23億8772万株

日経225先物 終値   19,350(+230)
始値 19,140
高値 19,450
安値 19,120
出来高 77,334枚

4.2日経平均は反発。
先物は小幅高で始まり、間もなく上げ幅を急速に拡大。
棒上げ商状から終始堅調に推移し、午後には更に一段高。
GPIFの2015年度運用計画が積極的なものであることが報道されると急伸。
先物主導で上振れ、一時高値19,450円まで回復する場面も見られたが、その後は失速。
上海後場時間に当たる終盤には大幅に上げ幅を縮小。売り買いが交錯した。
結局午後の上昇分の大半を帳消しにして取引を終了している。

GPIFGPIFは本日2015年度の運用計画を公表。
アクティブ運用とパッシブ運用を併用する方針が明らかになった。
これまでGPIFは指数連動のパッシブ運用が中心で昨年度計画でもそうだったはずだ。
積極的な運用をすることで利回り向上を重視する姿勢が示されたことは十分なインパクトに。
日銀の量的緩和と同様、出口戦略を誤ると大変なことになるが、一般の投資家にとってはそんなことは関係ないというわけでこれはもうクライマーズハイ状態。

終日買いスタンスだったが、短期回転が奏功。

本日の損益
デイ +40円(5枚)
寄り引け  買い +210円(1枚)

現在の資金
478,200,000円 (+410,000円)※手数料考慮せず

2014.03.31NY-200.192014.03.31NAS-46.56






米国市場は反落。
取引終了にかけて一段安し200ドル安。

2015.04.012015.04.01上海




日経先物(左)  /上海総合 (右)

日経平均株価 終値     19,034.84(-172.15)
始値 19,129.75
高値 19,195.23
安値 18,927.95
出来高 25億1031万株

日経225先物 終値   19,120(-110)
始値 19,200
高値 19,230
安値 18,940
出来高 113,189枚

4.1日経平均は続落。
日銀短観がやや悪かったものの、先物の寄り付きは前日比でほぼ変わらず。
寄り前もほぼ無風状態だったが、寄ってからは一転して波乱含みの展開に。
寄り付き直後から激しく乱高下し売り買いが交錯。
一巡後は下げ幅を拡大し、10時すぎには一時安値18,940円まで突っ込む場面もあったが、すぐさま切り返し中盤は大幅に往来し乱高下。
値幅は高安290円に及び、出来高は11万枚に膨らんだ。
終盤は再び上値を試す動きが見られたが、結局押し戻されて終えている。

今年はこの先高感から4月のアノマリーはスルーかと思われたが、短観の下振れは確かに意外。
週末に米雇用統計を控え神経質な相場が続いている。
終日方向感が全く出ず、ほぼ手控えだった。
唯一の売りもあっさり踏まれて早々に退散。
やれやれ。


本日の損益
デイ -30円(5枚)
寄り引け  売り +80円(1枚)

現在の資金
477,790,000円 (-70,000円)※手数料考慮せず

↑このページのトップヘ